教室ブログ

  • 冬の新規入会受付中
    投稿日時:2020/11/25
    こんにちは!個別指導イクシアです。
    個別指導イクシアでは、「新規入会生」ならびに「冬期講習生」の受付中です。



    まずは入会するしないにかかわらず、教室で詳しい説明だけでも聞いてみませんか?
    電話もしくはホームページより「個別説明会」をお申込み下さい!
  • 飛沫感染防止を考慮した授業スタイルに関するご報告
    投稿日時:2020/11/25
    個別指導イクシアの高橋です。
    本日は、個別指導イクシアの飛沫感染防止への取り組みについて紹介させて頂きます。

    イクシアをはじめ、講師1対生徒2 のスタイルの個別指導塾の大半は、
    長さ180cmの机に講師1名・生徒2名の合計3名が横1列に座って授業が行われます。


    イクシアでは、下の写真のように各ブースに「飛沫感染防止透明カーテン」を設置して、講師と生徒による飛沫感染を防止しておりますのでどうぞご安心下さい。



    これからも個別指導イクシアでは、新型コロナウィルスに対する感染防止策を取りつつ、生徒の成績アップ・目標実現のために努力をしてまいります。今後とも個別指導イクシアをよろしくお願い致します。

    また、各教室への個別説明会のお申込み誠にありがとうございます。

    おかげさまで前年を上回るお問合せを頂いております。個別説明会の日程も埋まってきておりますので、「まずは教室で詳しい説明だけでも聞いてみたい」というご要望がございましたら、ぜひお早めに個別説明会にお申込み下さい。個別説明会は当塾ホームページから簡単にお申込みできます!
  • あきらめる前に『逆転合格のイクシア』へ!
    投稿日時:2020/11/25
    みなさんこんにちは!
    個別指導イクシアの高橋です!

    受験生の皆さん、勉強ははかどっていますか?
    この冬が入試に向けたラストチャンスになります。

    この時期になると「志望校のランクを落とす生徒」が全国的に大量発生します。
    決してそうならないために、「今こそ最後の頑張りどころです!」




    今のままで大丈夫ですか?
    「何かを変えなくてはいけない」と思うのであれば、イクシアへ!

    一緒に頑張って、一緒に泣いて、一緒に笑って、最後に一緒に合格しよう!
    まだ間に合う!「逆転合格のイクシア」へ!お待ちしています!
  • 【東金校】イクフェッショナル ~仕事の流儀~
    投稿日時:2020/11/20
    こんにちは。
    今回は、東金校で働く講師へのインタビューです。「こんな先生が勉強を教えてくれるんだ」と興味を持っていただければ幸いです。

    ※講師のプライバシー保護の観点から、顔の一部を加工しております。ご理解ください。

    まず1人目の先生は、講師歴3年のO先生です。文系科目も理系科目も担当しております。
    O先生は社会人ですが、今でも毎日自分のための勉強を欠かしません。先日も、資格試験に合格しています。




    Q1.成績を上げるために必要なことを、あえて一つだけ挙げるとしたら何ですか?

    A.残念ながら、成績を上げるのに近道はありません。日々の努力の積み重ねしかありません。僕たちは日々全力でサポートを行っています。

    Q2.講師をしていて嬉しかったことは何ですか?

    A.定期テストの時は自作のテストを子供たちに渡していますが、先日、「先生の問題がそのまま出た!」と笑顔で報告してくれました。その時は嬉しかったです。

    続いて2人目、4年目のベテラン、S先生です。とにかく上昇志向の強い先生で、自分にも他人にも厳しいです。



    Q1.今ハマっていることは何ですか?

    A.将棋です。毎回新しい指し方に挑戦して、「上」を目指しています。
     将棋ができる方はご存知かもしれませんが、「ゴキゲン中飛車」が好きですね。

    Q2.自分が受験生の時、大事にしていたことはありますか?

    A.「情熱」と「好奇心」です。何事にも興味を持って情熱的に取り組み、自分を高めてきました。子供たちにも、「とにかく一歩でも上」を目指して欲しいですね。

    最後に3人目、D先生です。





    Q1.英単語を覚えるのが苦手、という生徒がとても多いのですが、そういう生徒に対してアドバイスをお願いします。

    A.どんなに難しい単語でも、基本的に10万57回ずつ書けば必ず覚えられます。

    Q2.今、何か悩みはありますか?

    A.何もないです。・・・逆に何か問題ありますか?

    Q.いえ。ありがとうございました。






    以上、とても魅力的な講師陣のみなさんでした。会いたい方は、ぜひ東金校へ。
  • 良い保護者面談とそうでない面談の違いは?
    投稿日時:2020/11/13
    みなさんこんにちは!
    イクシアの高橋です!

    現在イクシアでは秋の保護者面談の真っただ中ではございますが、
    本日私は自分の子供(中学生)の保護者面談のために学校を訪れる予定です。

    イクシアでは年3回の保護者面談を通じて、塾での様子の報告やご家庭からのご要望をお聞かせいただいております。いつもは、面談する側なのですが、今日は年に1度の「面談される側」なので今からワクワクしています。

    さて、仕事柄、面談をすると「この先生はしっかりしているな」とか「この先生はイマイチだな・・・」とはっきりとわかるポイントがあります。皆さん分かりますか?

    それは・・・「メモを取りながら要望を聞いて下さる先生」はよい先生です。しっかりと約束したことを守ってくれることが多いです。反対にメモを取らずに聞いていると・・・「本当に大丈夫かな」と心配になります。

    イクシアでは、しっかりとメモを取りながら面談をさせて頂き、その結果を担当講師と共有することで意義のある面談にすることを心がけておりますので、どうぞご安心下さい。

    では、私も保護者面談にいってきまーす!
    皆様も楽しみに保護者面談にお越しくださいね!


     
  • 【少しだけ教えます】イクシアの成績アップの秘密!
    投稿日時:2020/11/10
    みなさんこんにちは!
    イクシアの高橋です。
    タカパチではありません、高橋です!

    さて、最近多くの方々から「なんでイクシアではそんなに成績が上がるんですか?」と質問されます。
    以前ナイツさんのテレビ番組に出演させて頂いた際には、ナイツの塙さん(メガネをかけていない方)から「生徒に何か飲ませているんですか(笑)?」と質問されたこともありました(笑)

    少しだけその秘密を教えますね!

    【イクシアに入会する前の状態】
    1 普段はほとんど勉強しない(やっても宿題程度)

    2 テスト直前になるとあわてて勉強する。

    3 中途半端な状態でテストを受ける。

    【イクシアに入会した後】
    ※まずは苦手なところやつまずいてしまったところを解決

    1 イクシアで学校の予習を行う
     (生徒1人で行うのは難しいです、イクシアの先生がマンツーマンで説明しますのでご安心を。)

    2 イクシアの宿題をする(授業で解いた問題と同じ問題や類似の問題なので解けます。)

    3 予習している状態で「学校の授業」を受ける(よく分かる)

    4 学校の宿題をやる

    5 学校よりもイクシアでの授業のほうが先に「試験範囲」の学習が終わるので、早めにテスト対策に取り組むことができる。(テスト対策プリントをイクシアで作成、さらに学校のワークもイクシアで一緒に取り組む)

    6 やるべきことをやり終えてテストを受ける。

    どうですか?
    【イクシアに入会後】では、結果的に同じ単元を5回以上学習することになるのです。
    だから成績が上がるのです。

    「こんなことブログに書いちゃっていいの?」
    と心配は無用です。
    これはイクシアオリジナルの指導方法であり、さらには、これを実現するためのイクシア独自の講師育成システム・マニュアルがあり、各教室毎の近隣学校のテスト傾向の把握や分析を常に行っております。他塾にはマネすることはできません。

    もちろん、ここに記載したことは、「成績アップの秘密」のごく一部です。
    ここから先は・・・個別説明会にてご説明させて頂きます。

    個別説明会後の入会の義務はありません。お気軽にどうぞ!
    教室でお会いできるのを楽しみにしています!
  • もし子供がテストで悪い点数を取ったら? ~親という文字に込められた意味~
    投稿日時:2020/10/30
    みなさんこんにちは!イクシアの高橋です!

    今日は保護者の皆さんにぜひ読んでいただきたいのです!
    内容は「もし子供がテストで悪い点数を取ったら?」です。

    私が申し上げたいのは・・・
    「親」の役割と「先生」の役割は違うということです。

    子供が求めているのは「叱られる」ことではありません。
    決して点数が悪いことを叱らないで下さい。

    子供は皆「承認欲求」があります。
    点数が悪かったことよりも、まずはテストに向き合ったことを「承認」してあげて下さい。
    「否定」され続けた子供は「やる気」を失ってしまいます。

    「親」という文字のごとく、「ただ立って見守ってあげて下さい」
    そして、そこから先は私達イクシアにお任せください。

    「なぜ目標点が取れなかったのか?(Why)」ではなく、
    「どうすれば目標点が取れるのか?(How)」を生徒と一緒に考え、行動をして、
    次回その目標を達成することで、「目標達成の承認」が実現できます。

    高校生になればある程度自我も確立していて、悪い結果の成績の話も率直に話せる親子関係になっている場合もありますが、中学生の場合には「親子だからこそできないこと」が多いと思います。

    かくいう私も中学生の子の親であります。
    子供の成績が悪かった場合でも決して叱りません。
    むしろ、テストに向けて努力したことを認めて承認してあげます。
    それが子供の意欲向上に結び付くと信じています。

    子供が本気を出した時の力は、大人の想像をはるかに超えるものがあります。
    その力を引き出すことこそが大人の役目であると思います。

    叱って怒鳴りつけて、その結果テストの点数が上がったとして、
    それが子供の将来のためになるでしょうか?

    イクシアに入会すれば、ほぼ確実にテストの点数は上がります。
    しかし目先の結果だけにだけこだわるのではなく、
    子供たちの将来につながる「点数の上げ方」にも強いこだわりを持っております。

    子供との向き合い方を見つめなおした結果、
    イクシアにも何かお手伝いさせていただけることがありそうでしたら、
    ぜひ個別説明会にお越しください。お待ちしています!



     
  • 【東金校】2学期中間テスト結果発表!
    投稿日時:2020/10/21
    本日は、2学期テスト結果のご紹介です。
    本当は全員載せたいところですが、特に優秀な生徒に限らせていただきます。では早速。

    【OVER400!】

    中3 Tさん 412点 国語がそんなに嫌なのか!?でも頑張った!

    中2 Hさん 461点 あとはミスを無くすだけ!

    中2 Sくん 417点 国語を上げて、次は450を目指そう!

    中3 Kくん 411点 社会97点!もう苦手科目じゃない!

    中3 Tさん 434点 合計で前回から40点UP!素晴らしい!

    中3 Nくん 440点 英語99点!あと1点が遠い・・・

    中3 Kさん 470点 数学の応用問題が解ければ、点数はゴムのように伸びますよ!

    中3 Tさん 443点 450を超えるには、国語を頑張るしかない!アーサム!

    中3 Yさん 449点 あと1点で大台だ!

    中3 Sさん 443点 まだまだ伸ばせる!特に理科!

    中3 Hさん 460点 数学100点!おめでとう!ようやく1人・・・

    中3 Nくん 411点 次は国語と社会だ!

    中3 Sさん 437点 理科さえ上げれば、450は目の前!

    中3 Hくん 401点 秘密の特訓の成果出てるじゃないか!国語以外だけどね!

    中2 Hさん 491点 ここまで来たら、500見たいよね・・・(チラッ)

    「あと一歩!」の生徒も紹介したいのですが、かなりの人数になるため今回は400以上にさせていただきました。ご理解ください。みんなよく頑張った!

     
  • 親子での勉強の限界は?
    投稿日時:2020/10/21
    みなさんこんにちは!
    個別指導イクシアの高橋です!

    先日とあるカフェで目撃したのですが・・・
    隣の席に親子(母、おそらく中3生の女の子)が座って、勉強をしていました。

    どの学校もテスト期間中でしたので、おそらくテスト対策だったのでしょう。

    親子で仲睦まじく勉強しているのかと思えば、そうではなく・・・

    お母さんの
    「なんで分からないの!?」
    「ちゃんと読みなさい!」
    「だから~真面目にやってよ!」
    という大声が店内に響き渡り、私は隣の席に座ってしまったので内容丸聞こえなんですね。

    お母さんも必死に説明するのですが、
    私は・・・
    「(あー、そう説明したら余計わからなくなっちゃうよ・・・)」とか、
    「(ちょっと説明の仕方が難しすぎるな・・・)」などなど思って聞いていました。

    最終的には
    子供「仕事って何?(理科)」
    母「仕事っていうのはね・・・ちゃんと読みなさい!そこに書いてあるでしょ!」
    子供「(ふてくされる・・・)」

    このあたりで、これ以上隣の席に座っているのは居心地が悪すぎるので席を立ちました。

    私も仕事柄、自分の子供には幼いころから勉強を教えてきました。
    しかし、自我の確立とともに、親が子供にずっと勉強を教え続けるのは難しかったですね。
    ウチの場合は2人とも中2でした。ちょうど思春期になり、親離れが始まっていくころですね。

    よく保護者面談で「ウチの子は家では全くいうことを聞かないし、何も話してくれない」という相談を受けますが、私達イクシアの室長・講師には色々なことを話してくれますし、しっかり授業も聞いて理解してくれますよ。

    特に思春期の親子のいざこざの原因の大半は勉強によるものといわれています。
    そして学力に自信のある親御さんほど、「なんとか自分の手で〇〇高校に、〇〇大学に入れてみせる」
    と思う気持ちが強いようです。

    それでも、もし親子での勉強に限界を感じ始めたら、ぜひともイクシアにご相談下さい。
    イクシアでは年3回の保護者面談を通じて、ご家庭からの要望も考慮した上で生徒への指導を行ってまいります。どうぞご安心下さい。

    勉強の自立は早ければ早いほどよいと思います。
    イクシアでは「勉強のやり方」からしっかりと指導いたします。

    まずは個別説明会にて詳しい説明だけでもお聞き下さい。
    説明会後の入会の義務はございません。お気軽にどうぞ!


     
  • ホームページちょっとリニューアルしました!
    投稿日時:2020/10/20
    みなさんこんにちは!
    個別指導イクシアの高橋です。

    ご入会をご検討いただいている皆様からよくある質問として、
    「イクシアさんと他の個別指導塾とでは何が違うのですか?」
    というご質問をよくいただきます。

    その答えになっているかはちょっと難しいところですが・・・、
    ホームページの「コース・料金」のページに以下のような表を差し込んでみました!

    「百聞は一見に如かず」というとおり、これなら一目でお分かりいただけると思います!」





    チラシやお友達からの情報では「授業料」くらいのことしか伝わっていなかったかもしれませんが・・・

    イクシアでは、
    「1人ひとりにマンツーマンで理解するまでじっくりと説明をする」
    「生徒1人ひとりの目標点・志望校に合わせたテスト対策・入試対策」
    というスタイルの授業形態となっております。

    「学校の授業になかなかついていけない・・・」
    「先生が何を言っているか分からない・・・」
    「なかなかテストの点数が伸びない・・・」
    「何から手を付けていいか分からない・・・」

    そんな皆さん!まだあせらなくて大丈夫!
    「逆転合格のイクシア」にお任せください!

    まずは個別説明会で詳しい説明を聞いてみてください。
    きっと胸の奥のモヤモヤしたものがすっきりとするはずです!
    教室でお会いできるのを楽しみにしています!

次へ

最後