教室ブログ

  • 【成績アップおめでとう】5教科合計60点アップ達成!
    投稿日時:2021/11/21
    こんにちは!
    イクシアのヒヤマです。

    中学3年生のTくん。
    数学・英語の個別授業と国理社コースを受講しています。


    特に、一番伸び悩んでいた国語に関しては、

    『長い選択肢を見たら必ずすること』
    『古文の文章を見たらまず初めに行うこと』
    『作文をどのタイミングで、どの時間配分で書き始めるか』
    などのルールを徹底することによりメキメキ実力を伸ばしていきました!!
     




    そんな中、Tくん自身は「問題が簡単になっただけです!」と謙遜します。
    そんなことないよ!平均点に対して差を離しているし、順位も上がっているんだから!!


    特に部活を引退してからは、自習室での勉強時間も増え
    理科・社会の復習をコツコツやっている姿はしっかりみているよ!!
    この勢いをもって、公立入試までの3か月を突っ走っていきましょう!!


    生徒たちは、成績が上がることで、今度はそれ以上の点数を自然と目指していきます。
    生徒たちにとっての当たり前が変わる瞬間はいつも感動をもらえます!!
    一人でも多くの成長の力になれるよう私もがんばっていきます!!
  • 【八街校】天上天下唯我独尊!!!100点満点!!!
    投稿日時:2021/11/17
    イクシア八街校、教室長の内田です。

    今回は、定期テストにおいて、これまでで(中学1年時含み)最高値を叩きだした中学3年生の生徒様のご紹介です!


    題名については、様々な解釈ができ、「天の上にも天の下にも、私たち人間に生まれてなければ果たすことのできない、たった1つの究極の使命がある」という意味にも捉えられることができます。


    今回、Rくんは「その使命、目的」の1つの為に全教科頑張ってくれました!!!


    英語科は100点満点です!!!
    高校生から降りてきた文法(仮定法など)や苦手なリスニングで落とすことなく、素晴らしい結果を残してくれました!


    5計でも、452点と苦手な国語でも高得点を獲得し、本人も納得できる結果をとってくれました。
    まだまだ、伸びしろがあります!!!このまま、入試に向かって突っ走ろう!!!

  • 【講習会】冬期講習受付中
    投稿日時:2021/11/15
    こんにちは!イクシアの重城です!

    定期テストに向けて生徒たちはテスト対策の真っただ中です。
    その定期テストが終了すると、今度はイクシアでは冬期講習が始まります。


    毎年、定期テストの結果がふるわずに冬期講習を試しに受けてみたいという
    お子様の問い合わせが多いです。


    イクシアの講習会はお子様一人ひとりに合わせた授業内容となっていますので、
    お子様の成績を上げるのに必要なところのみを行うことができます。


    実際に、夏期講習後に行われた定期テストでは受講前に比べて、数学の点数が51点アップした生徒や、英語の点数が30点アップした生徒もいます。もちろん、これらはほんの一例になります。(定期テストの成績アップの紹介に関しては、10月に掲載しましたブログをご覧ください。)


    もし、勉強で何かお困りのことがございましたら、入会するしないに関わらず、一度イクシアまでお問い合わせください!

    お待ちしています!

  • 【テスト結果】頑張った生徒紹介!
    投稿日時:2021/11/15
    こんにちは。イクシアの齊藤です。

    今回は定期テストで頑張った生徒を紹介します。

    今回紹介するのは、高校2年生のMくんです。(写真右の子です)実はブログには2回目の登場です。
    Mくんは2学期の中間テストで、学年順位が40番以上も上がりました!20点以上アップした教科が複数あることからも、どれだけ彼が努力したかが伝わってきます。前回のテスト後に、「次のテストでは結果を出します!」と力強く話してくれていましたが、まさにその通りとなりました。
    部活動もあり、思うように自習時間を確保できていませんでしたが、テスト前には毎日自習に来て遅くまで頑張っていました。


    Mくんは志望校も決まっていて、定期テストだけではなく受験に向けての勉強もスタートしています。
    常に真面目に取り組んでくれるMくんなら志望校合格をきっと勝ち取れます。受験に向けても一緒に頑張っていきましょう!

  • 【八街校】秋の新規入塾生、冬期講習会受付開始!!!
    投稿日時:2021/11/12
  • 【八街校】友達紹介キャンペーン!ご好評につき期間延長!!!
    投稿日時:2021/11/12
  • 【八街校】小学生は、英語、算数で100点満点!!!小学英語の重要性!
    投稿日時:2021/11/06
    イクシア八街校、教室長の内田です。

    八街校では、中高生も目標達成の為、頑張ってくれていますが、通塾している小学生も学力テストや校内テストにおいて高成績を修めてくれております。今回掲載させて、いただきましたのは、当塾にて英語と算数を受講している生徒様でございます。


    前回もブログにて、取り上げた題材だと思いますが「大切なこと」ですので今一度伝えさせていただければと思います。


    一昔前と異なり、現在、小学校では小学5年生から複雑な会話表現を学習します。
    添付画像を見て頂ければ、その複雑さがお分かりになるかと思います。これは、小学6年生の教科書準拠の教材ですが、学習している内容について文法的な視点で見れば、中学2年生で学習する「want to~(~したい)」という表現も入っております。


    正直、小学生で扱う内容としてはかなり難しいです。


    学校では、あくまでもスピーキング重視なので「会話表現」という形で指導を受け、文法的に扱うことはありません。なので、生徒達は「こういうもんだ」と割り切って覚える他ありません。


    ですが、小学生の段階で文法を知り、文構成を知っていたらどうでしょう。
    会話表現として話せるだけでなく、一足先に中学で学習する文法事項に従って並び替えや、英作、語形変化、多岐に渡って「英語学習」を取り込み、中学の学習内容に余裕をもって臨むことができます。勿論、様々な問題形式にも対応できる力も身に付き、定期テストの点数にも早々に反映されることでしょう。


    八街校では、また小学英語でも確りと目的意識を持って臨めるよう、定期的に到達度テストを行っております。テストという媒体を通して、目的意識高く意欲的に授業に参加していただくことが目的です。


    今回は、そんな
    英語のカラーテストにおいて100点満点ないし高得点を獲得した生徒様を紹介致します。ご閲覧、宜しくお願い致します。






     
  • 【八街校】100点満点!!!高校生、高得点続出!!!
    投稿日時:2021/11/03
    いつも、ご閲覧頂き有難う御座います。
    イクシア八街校、教室長の内田です。

    当塾の高校生は相変わらず、自主性が高く毎回のように高得点をとってきてくれます。
    今まで高得点ながらも本人の希望により、なかなか掲載することができなかったのですが(毎回同じ生徒になりがちでした)、今回は撮影にご協力頂いた生徒を数名、紹介させていただければと思います。こちらで厳選してしまって、すみません(内部生の高校生へ)。


    どうしても掲載させていただきたかったHさん含め、本人も納得のいく点数を獲得した生徒も数多くいるので随時あげさせていただきます。



    Hさんは、今回数学科で2学期中間テストにおいて100点満点を獲得しました!!!


    苦手単元である2次関数含め、2次方程式も漏れなく落とすことなくとれました!
    中でも難易度の高い2次不等式の応用問題で判別式を確りと求めて、解を出すことができました。
    イクシアに入会して、初めての100点満点、本当におめでとう!!!



    Aくんは、同様のテストにおいて98点と高得点を叩き出してくれました!

    前回が92点、前々回が100点満点と、安定して高得点をとることができるようになりました(なので、、、ブログに載りまくっています)。Aくんは、今回問題数が多い中で、勿体ない1問ミスはありましたが、見直しも確りと行い、その1問だけに留めてくれました。
    次は再び100点満点目指して頑張りましょう!


    私と講師の喜びの舞もご覧下さいませ。


  • 【イクシア八街校】八街校を紡ぐ者たち➁ ~イクシア八街校の未来へ~
    投稿日時:2021/10/26
    「紡ぐ」=綿や繭を錘(つむ)にかけて繊維を引き出し、縒(よ)りをかけて糸にする。
    という意味で本来は使われます。そこから転じて現代では「言葉を紡ぐ」「歴史を紡ぐ」など比喩表現としても多く使われるようになっています。


    今回は「紡ぎ人(ツムギビト)」として、イクシア八街校で仲間達と支え合い、八街校を築きあげている、そして生徒様に様々な想いや気持ちを形あるものとして、表現し、教務者として導いている講師達の紹介をさせて頂ければと思います。今回は、その第2弾です。


    T先生は、今年の3月に入社したばかりですが、日本語教師(留学生に対し、日本語で日本語を教える仕事)もされている関係で、「言語学」に長けていて、どういった方法がより分かりやすい指導かどうか「言語伝達」を日々研究し、また生徒一人ひとりの個性に応じた、個性と学力を伸ばす指導を行える先生の1人です。




    主に英語科と国語科を担当していて、確認テストや、指導補助プリントも自作して、その内容の充実さや「分かりやすく、楽しい」授業には人気が集中しております。もちろん生徒の成績アップにも定評があり、1年以上英語の成績で伸び悩んでいた生徒を、この夏から担当で偏差値10弱のアップをさせるなど、「苦手の克服」として、どこでつまづいてしまっているのか探求し、その部分を上手くつつき、意欲の向上までもっていけることができる親身な指導と、その指導準備には本当に頭が下がります。


    英語科指導では、特に「語彙力の向上」に苦労します。
    私も、親御様との面談の中で、「どうやって英単語を覚えさせたらいいのか、、、」という悩みをよく耳にします。


    T先生は、この解決法として様々なパターンを提示してくれます。

    もちろん、生徒一人ひとりに合わせた単語の覚え方です。


    添付資料(見づらくて申し訳ございません。)は、英単語暗記のさせ方記載の実施確認用のシートです。
    これを基に、T先生は英単語の強化からとりかかります。
    また、授業用プリントも解説で分からなかったところを、生徒自らで後で見直せられるよう一人ひとり異なったプリントを作成しています。




    小学生英語も複数担当しているので、その確認テストも毎週作成しております。

    学習単元に応じた英単語の線結び問題、並び替え問題等、問題形式にも拘っております。
    その為、小学生であってもテストという媒体を通して、目標設定をつけることができるので、曖昧になりがちな小学生英語学習を意欲的なものへ変えることができます。


    こちらも前回同様ですが、体験授業でその「分かりやすさ」を知って頂きたい先生の1人です。
    少しでも「分かりづらい」と感じさせてしまったら、私は責任をもって室長を引退しましょう。
    そのくらい、価値ある授業でございます。どうか一度、体験してみて下さい。


    お問い合わせ、お待ち申し上げております。
  • 【八街校】八街校を紡ぐ者たち① ~イクシア八街校の未来へ~
    投稿日時:2021/10/21
    「紡ぐ」=綿や繭を錘(つむ)にかけて繊維を引き出し、縒(よ)りをかけて糸にする。
    という意味で本来は使われます。そこから転じて現代では「言葉を紡ぐ」「歴史を紡ぐ」など比喩表現としても多く使われるようになっています。


    今回は「紡ぎ人(ツムギビト)」として、イクシア八街校で仲間達と支え合い、八街校を築きあげている、そして生徒様に様々な想いや気持ちを形あるものとして、表現し、教務者として導いている講師達の紹介をさせて頂ければと思います。


    Y先生は、八街校では2番目に早く入社し、「何か困ったことがあればY先生に聞けば何とかなる」といったような共通認識を他の先生からももらっているベテラン講師です。




    在籍数がこの夏で多くなった今でも、誰が何曜日に誰を担当しているかを熟知していて、誰が何曜日に振替になったのかも担当講師よりも早く答えることができます。

    そんな広い視野をもったY先生ですが、様々な面で拘りもある几帳面な性格でもあります。


    添付した画像は、ほぼY先生が作成協力してくれたものです。
    塾内模試の結果帳票(教室控え)も、学年ごと、実施月、生徒番号順ごとに丁寧に分類されています。
    定期テスト範囲表も過去のものを他の講師も見やすいようにインデックスを使用し、テプラを貼り確りとファイリングされています。


    学校から返却され、塾で全てコピーする定期テストの問題や模範解答も、問題はA3、答案はA4にするという彼女なりのルールがあり、私含め他講師もそれに従っています。

    終業後には、自分のブースだけでなく、「ゴミが気になるので、今かけていいですか」と私に許可を貰ったうえで率先して掃除機掛けも行います。




    八街校の講師に自分で考え考動できる積極性や能動性があるのは、彼女の存在が大きいです。
    誰に対しても平等で、年上の講師であっても自分の意見が言えることもY先生の魅力の一つでしょう。


    主に中学数学、高校数学、中学理科集団を担当していますが、高校を首席で合格したこともあり、頭の回転も速く、かと言って小難しい説明もしない、担当生徒一人ひとりの個性に応じた指導ができるので、生徒からも大変人気があります。
    もちろん、100点をとらせる(前回定期考査で高校生2名を100点にしています)ことができる指導力もあるのでY先生希望も多いです。


    おしとやかそうに見えますが、誰よりも生徒へ愛情を注いでいる分、確りと𠮟るときは𠮟ります。
    それもまた、愛情や教育熱が多分にあるからこそだと思います。


    後悔はさせませんので、数学や理科を苦手にされている方は、一度Y先生の授業を受けてみて下さい。
    何卒宜しくお願い致します。
     

先頭

前へ

次へ

最後